会社情報

HOME会社情報

会社概要

         
会社名 株式会社クリエイティブテクノロジー
Creative Technology Corporation
本社所在地 〒213-0034
神奈川県川崎市高津区上作延507-1
TEL:044-870-1335
FAX:044-870-1336
代表者 辰己 良昭
設立 1985年(昭和60年)7月
資本金 3000万円
従業員数 134名(日本)※2019年3月末時点
主な事業内容 静電チャックおよび周辺技術の開発・製造・販売
その他吸着物搬送機器の開発・製造・販売
静電チャック用電源およびセンサーの開発・製造・販売
取引実績業種 半導体・FPD・自動車・紡織・総合電機 他
拠点所在地 【開発拠点】神奈川県川崎市
【営業拠点】三重県四日市市、熊本県菊池郡、岩手県北上市
【工場】滋賀県大津市、宮崎県宮崎市
取引先 世界主要半導体メーカー及びFPDメーカー及び製造装置メーカー
子会社 PMT Corporation(大韓民国) Creative Technology Electronics Taiwan Corporation(台湾)
Creative Technology USA, Inc.(アメリカ合衆国)
Creative Tech Asia Pacific Pte Ltd(シンガポール共和国)
株式会社クリエイティブトレーディング(日本)
関連会社 Creative Technology Shanghai Co., Ltd.,(中華人民共和国)

会社沿革

1985年7月 株式会社創造科学を設立
1986年9月 セラミックス加工用網目柔構造砥石MCホイールの開発に成功
1992年9月 プラズマエッチング装置向けシリコン電極加工用微細穴超音波加工機の開発に成功
1993年9月 神奈川県技術先端奨励補助金を受ける
1994年9月 マイクロマシニング向け微細穴超音波加工機の開発に成功
1995年4月 東京大学生産技術研究所とマイクロマシニングに関して共同研究開始
1995年8月 半導体製造装置向け静電チャックの量産を開始
1995年9月 イオン注入機向け部品の量産を開始
1996年10月 高速温度制御静電チャックの開発に成功
1998年6月 ポリイミド型静電チャックの開発に成功
1999年12月 300mm静電チャックの開発に成功
2000年1月 九州営業所を開設(現宮崎工場)
2000年7月 商号を株式会社クリエイティブテクノロジーに改称
2000年10月 G6-ODF装置用ポリイミド静電チャックの開発に成功
2003年5月 溶射製品を販売開始
2004年3月 ISO9001(品質マネジメントシステム)認証取得
2005年2月 京都事務所を開設(旧京都工場/新工場開設にともない2021年に閉鎖)
2006年1月 韓国に株式会社PMT(株式会社クリエイティブテクノロジー100%出資)を設立
2006年3月 G8-LCDエッチャー用静電チャックの開発に成功
2006年4月 ISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得
2006年11月 日新イオン機器(株)純正イオン源部材(SOK)の直接販売開始
2007年11月 四日市営業所を開設
2009年3月 台湾事務所を現地法人として設立
2010年5月 Ion Pad(貼合装置向け)販売開始
2010年12月 アメリカ事務所を現地法人として設立
2011年3月 熊本営業所を開設
2013年2月 静電チャック制御電源販売開始
2013年5月 シンガポール支社設立
2014年1月 四日市営業所を現住所に移転(現中部支店)
2014年3月 挿入型静電容量センサ販売開始
2014年3月 株式会社クリエイティブトレーディングを設立
2014年9月 本社を現住所に移転
2015年4月 台湾支社を現住所に移転
2016年5月 熊本営業所を現住所に移転
2016年9月 民生品ブランド「ataraina」を商標登録
2020年1月 北上営業所を開設
2020年12月 コーポレートロゴを変更
2021年3月 滋賀工場を開設(新工場開設にともない京都工場は閉鎖)

拠点所在地

  • 本社/川崎R&Dセンター(ISO9001/14001認証取得拠点)

    所在地
    〒213-0034
    神奈川県川崎市高津区上作延507-1
    TEL
    【本社】044-870-1335
    【R&D】044-853-1757
    FAX
    【本社】044-870-1336
    【R&D】044-861-5096
    交通
    JR南武線 武蔵溝ノ口駅、東急線溝の口駅 徒歩15分
    川崎市バス 宮ノ下 徒歩1分
  • 宮崎工場(ISO9001/14001認証取得拠点)

    所在地
    〒889-1602
    宮崎県宮崎市清武町今泉丙1864-7
    TEL
    0985-67-4316
    FAX
    0985-67-4317
    交通
    宮崎空港よりタクシー30分
  • 京都工場 ※2021年2月をもって閉鎖し、滋賀工場に完全併合されました。

  • 滋賀工場

    所在地
    〒520-0843
    滋賀県大津市北大路2-1-30
    TEL
    077-500-3360
    FAX
    077-500-3361
    交通
    JR琵琶湖線 石山駅下車 南口より徒歩16分
    京阪石山坂本線 唐橋前駅下車 徒歩13分
    JR・京阪石山駅 南口より京阪バス 宮ノ内下車徒歩6分
  • 中部支店(ISO9001/14001認証取得拠点)

    所在地
    〒510-0807
    三重県四日市市末永町9-12
    TEL
    059-325-6778
    FAX
    059-325-6969
    交通
    近鉄名古屋線 川原町駅 徒歩1分
  • 熊本営業所

    所在地
    〒869-1108
    熊本県菊池郡菊陽町光の森3丁目16-15M’Sビル101
    TEL
    096-292-3757
    FAX
    096-292-3758
    交通
    JR豊肥本線 光の森駅 徒歩15分
  • 北上営業所

    所在地
    〒024-0051
    岩手県北上市相去町山田2番地18 北上オフィスプラザ108号室
    TEL
    090-9102-9688
    FAX
    059-325-6969(中部支店共通)
    交通
    東北新幹線・JR東北本線 北上駅よりタクシー15分

子会社/関連会社

  • 株式会社クリエイティブトレーディング CREATIVE TRADING Co.(日本)

    所在地
    【本社】〒162-0801
    東京都新宿区山吹町366-1-506
    【滋賀営業所】〒520-0843
    滋賀県大津市北大路2丁目1-30
    TEL
    0775-00-3363
    FAX
    0775-00-3362
    URL
    www.createch-gt.com
    MAIL
    tokiko@createch.co.jp
  • aromashop溝の口(日本)

    所在地
    〒213-0033
    神奈川県川崎市高津区下作延2-5-43 アールエイビル103
    TEL
    044-863-6890
  • Creative Technology USA, Inc.(アメリカ合衆国)

    ADDRESS
    125 University Ave., Ste. 260 Palo Alto, CA 94301, USA.
    TEL
    +1-650-485-2771
  • Creative Technology Electronics Taiwan Corporation(台湾)

    ADDRESS
    7 F, No. 178, Sec. 2, Gongdao 5th Rd., East Dist., Hsinchu City 30070, Taiwan R.O.C.
    TEL
    +886-3-5730880
    FAX
    +886-3-5730879
    URL
    http://www.creativetw.com.tw/index.asp
    MAIL
    chen@createch.co.jp
  • Creative Tech Asia Pacific Pte Ltd(シンガポール共和国)

    ADDRESS
    3 Ang Mo Kio Street 62 #02-11 Link@AMK Singapore 569139
    TEL
    +65-6250-9519
    FAX
    +65-6250-9520
  • Creative Technology Shanghai Co., Ltd.,(中華人民共和国)

    ADDRESS
    #1 Bldg, Lane 309, Nan Le Rd SJEXZ, shanghai, China. 201611
    TEL
    +86-21-57749938
    FAX
    +86-21-57749934
    URL
    http://www.creative-technology-sh.com/
    MAIL
    ishibashi@createch.co.jp
  • PMT Corporation(大韓民国)

    所在地
    (#875-7, Gwaerang-ri) 598-14, Mannyeon-ro, Jungnam-myeon, Hwaseong-si, Gyeonggi-do, Korea, 445-965
    TEL
    +82-31-366-0130
    FAX
    +82-31-366-0132
    MAIL
    park@createch.co.jp
  • Creative Technology Europe GmbH(ドイツ連邦共和国)

    ADDRESS
    Theresienstrasse 1, 80333 Munich, Germany
    TEL
    +49 89 2050 085 057
    FAX
    +49 89 2050 085 050
    MAIL
    helen_v@createch.co.jp

品質・環境への取り組み

基本理念

株式会社クリエイティブテクノロジーは、培われた技術と一人ひとりの力を結集させ、その中から飛び出す創造性溢れた『もの創り』を通じて、社会に感動を与える製品を作りつづけます。

方針

  1. お客様の競争力を高める方法は何か、お客様の成功に不可欠なものは何かを常に考え、顧客満足の向上に努めます。
  2. 設計・開発の段階から環境に配慮し、環境負荷の少ない製品及びサービスの提供に努めます。
  3. 次の事項に重点を置いた目標を設定し、PDCAサイクルにより継続的改善を行います。
    • 生産性を向上させることにより環境パフォーマンスの向上に繋がるもの
    • 生産性を向上させることにより顧客満足の向上に繋がるもの
  4. 適用される法規制及びその他の要求事項はもとより、当社の同意する個別の事項を順守します。
  5. 有害化学物質等の使用に伴う汚染の予防に努めます。
  6. 当社の事業活動が環境に与える影響を正しく理解し、環境保護に努めます。
  7. 監査の実施及び活動のレビューにより、マネジメントシステムの有効性について、継続的に改善します。
  8. 当社で働く一人ひとりが生産性の向上に取り組むことで、環境パフォーマンス向上及び顧客満足向上の加速に努めます。

この方針は、当社で働くすべての人々に周知するとともに広く開示致します。

2018年1月18日
株式会社クリエイティブテクノロジー
代表取締役 辰己良昭

SDGsへの貢献

クリエイティブテクノロジーが取り組むSDGs

「静電気の力を最大限に引き出し、社会に貢献していく」というビジョンのもと、クリエイティブテクノロジーは、SDGs採択以前から社会課題と真摯に向き合ってまいりました。

中でも、2000年代前半に世界に先駆けて確立した静電チャックの「再生技術」は、今では主力事業の一つにまで成長しました。

2015年のSDGs採択によって社会課題への国際目標が明文化されましたが、私たちクリエイティブテクノロジーはこれまでと変わらず持続可能でよりよい世界を実現するために、環境に配慮した事業活動を行うとともに、静電気の力を最大限に活かし、社会に貢献していきたいと思っています。

弊社が2000年代前半に静電チャックの再生に成功するまで、静電チャックは使い捨て消耗機器として扱われていました。

静電チャックにはさまざまなタイプが存在しますが、1台につき相当数のアルミニウムが使用されています。そのアルミニウム1kgを製造するためには、約11kg のCO2が排出されると言われています。

すなわち、静電チャックを再生しない場合、弊社だけでも年間5,000kg以上のアルミニウムを新たに調達しなければならず、その製造に5,000kg×11kg=55,000kgのCO2を排出することになります。このCO2を循環させるためには、50年生スギに換算すると約4,000本の負担となる計算です。

一方で、静電チャックを再生すると、55,000kgものCO2排出をまるごと抑制することができます。弊社の静電チャック再生事業は、お客様のランニングコスト削減に寄与するだけでなく、持続可能な社会を実現する環境に配慮したビジネスでもあるのです。

ISO14001取得による貢献

ISO14001は企業の活動、製品またはサービスによる環境負荷や環境リスクを低減し、発生を予防するための行動を継続的に改善していくことを目的としています。弊社は2006年にISO14001を取得しており、SDGsの実現に向けて、環境への配慮を意識した事業活動を継続してまいります。

【出典】外務省、林野庁(関東森林管理局)、一般社団法人日本鉄鋼連盟 など

RBA 行動規範

クリエイティブテクノロジーはRBA 行動規範 
(旧 EICC 行動規範)に賛同しています

本規範は、世界の大手電子機器メーカーやそのサプライヤーによって採用され、実施されている世界的な規範で、電子機器業界のサプライチェーンの状況を改善することを目的としています。

お取引先様より納めていただいた製品の多くが、弊社を通じて世界中の電子機器業界に納品されています。

本行動規範の趣旨にご理解いただくとともに、お取引先様に対しても実践の要請をいただけましたら幸いです。

社長メッセージ

社会に感動を与える製品を作り続けていくこと

クリエイティブテクノロジーは企業の利益と社会的責任が調和した誠実な企業活動を展開する中で、

「智・徳・体」 智:物事の道理を理解して、的確に実行できる能力
徳:道理を悟った上での立派な行動
体:立派な行動をするために養われた屈強な心身

の社是の基に、各個人がバランスのよいセンスを培い、お客様のニーズをきめ細かく理解し、ご満足いただける製品を提供し続けること、また、お客様への感謝の心と信頼を重んじることが何よりも大切であると考えます。

昨今、世界経済の著しい変化の中で、淘汰されてゆく製品も多々存在していますが、クリエイティブテクノロジーは、その培われた技術とその各個人の総力を結集させ、その中から飛び出す創造性溢れた『もの創り』を通して、今後も社会に感動を与える製品を作り続けて参ります。

代表取締役 辰己良昭